熊本救急告示病院:くわみず病院

令和3年度 くわみず病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 10 65 52 43 75 92 108 205 227 161
2021年度退院患者の人数を、10歳刻みの年齢階級別でにDPC病床に入院した患者を対象に集計しています。
当院の患者は60歳以上が67%と半数以上で、高齢患者さんの割合が多くを占めています。
0歳~の患者さんは小児科の入院患者さんで食物アレルギーや扁桃、アデノイド等の慢性疾患で入院されています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 258 2 2.03 0 50.97
010300xxxxxxxx 睡眠障害 97 2 4.42 0 24.78
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 82 97.44 20.57 17.07 86.55
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症手術なし 45 28.16 13.14 4.44 84
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術処置等1なし 手術処置等2なし 36 33.78 17.35 5.56 86.5
2021年度より睡眠障害の入院患者さんが増加し、睡眠時無呼吸と睡眠障害で全体症例数の30%となります。
また、高齢の患者さんは誤嚥性肺炎や心不全、尿路感染症などで入院で入院されています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がん(胃がん、大腸がん、乳がん、肝がん)で当院に入院された患者さんは、いずれも10名未満のため「-」と表記します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - 12.00 47.00
中等症 18 22.00 86.89
重症 - - -
超重症 - 11.00 84.00
不明 - - -
市中肺炎は、普段の社会生活の中で罹患する肺炎です。成人市中肺炎ガイドライン(ADROP)による重症度分類を用いて集計しています。
近年肺炎ワクチンの普及もあり減少傾向にあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - 50.56 77.56 40.00
その他 - 83.00 84.00 10.00
症例数が10未満のため、平均在院日数・平均年齢・転院率は合算したものを集計しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
- - 8 4.63 6.88 0 71.63
- - 8 1.75 2.75 0 75.13
- - 6 53.17 32.83 50.00 75.17
- - 5 4.60 18.4 0 86.20
- - 3 8.00 5.00 0 75.33
前年に比べ、胃瘻造設術や内視鏡的大腸ポリープ粘膜切除術が減少して10件未満となっている。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 0 0
180010 敗血症 同一 - 0.29
異なる - 0.10
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 1.16
異なる - 0.10
当院では、手術や処置などを行う際には合併症をおこさないよう細心の注意を払い施行しています。起こりうる合併症については、事前に説明を行ったうえで、手術や処置の実施に同意をいただくようにしています。
患者数は10未満のため「-」と表記しています。
更新履歴
2022年9月30日
機能評価係数Ⅱの保険診療における「病院情報の公表」を公開示しました。

このページの先頭へ戻る