熊本救急告示病院:くわみず病院

平成30年度 くわみず病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 135 60 53 66 96 159 232 305 409 260
2017年度退院患者さんの人数を、10歳刻みの年齢階級別に集計しています。(DPC病床に入院した患者を対象としています)
当院の退院患者さんは、60歳以上の患者さんの占める割合が68%、80歳以上では38%と高齢者の方の入院が多くを占めています。
0~9歳の患者さん135名のうち、小児科の食物アレルギー負荷試験の入院患者さんが87%、睡眠障害の検査が13%となっています。
10~50歳代の入院の多くは睡眠時無呼吸症候群の検査入院となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 132 25.49 20.83 15.15 85.80
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 73 18.60 12.34 5.48 86.20
050130xx99000x 心不全 66 23.19 17.71 3.03 87.20
050050xx99100x 狭心症 40 3.85 3.03 5.00 66.55
030400xx99xxxx 前庭機能障害(めまい) 26 7.62 5.15 0.00 73.65
内科で多かった疾患は、高齢者に多くみられる誤嚥性肺炎、尿路感染症、心不全が上位3つを占めました。平均年齢も85歳以上となっています。
誤嚥性肺炎については、再発予防のための口腔ケアや嚥下機能の評価・訓練(リハビリ)を行うため、入院期間も25日と長くなる傾向にあります。
4番目の狭心症は、多くが心臓カテーテル検査の入院で、入院期間は2泊3日となっています。5番目の前庭機能障害はめまい症の患者さんで、熊本地震以降に多くなった疾患です。平均在院日数は7.6日、平均年齢は73.6歳となっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃・アデノイドの慢性疾患 14 10.07 8.01 0.00 6.07
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 7 1.00 2.54 0.00 10.86
小児科で最も多いのは、扁桃摘出術を行う患者さんです。地域の開業医と連携し当院にて手術を行い、約10日間の入院期間となっています。
次に多いのは、食物アレルギーの患者さんで食物経口負荷試験のための入院で、日帰り入院で行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がん(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)の数を初発のUICC病気分類別、および再発に分けて集計しています。
UICC病気分類とは、UICC病気分離国際がん連合によって定められたもので、1)原発巣の大きさと進展度、2)所属リンパ節への転移状況、3)遠隔転移の有無の3つのカテゴリーによってⅠ~Ⅳの病期(ステージ)に分類するものです。
「初発」とは当院において診断あるいは初回治療を開始した場合、「再発」とは当院・他院を問わず初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合をさします。
当院での入院患者さんでは、胃癌、大腸癌、肺癌、肝癌の患者さんがいましたが、いずれも患者数が10未満のため「-」と表記します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17.83 55.80
中等症 79 18.59 81.00
重症 11 29.00 79.80
超重症 25.60 88.80
不明
市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、成人市中肺炎診療ガイドラインによる重症度分類を用いて集計しています。重症度の数値が高くなるにつれて、より重症な肺炎を表しています。
当院での市中肺炎の患者は、中等症(重症度分類1,2)が最も多くみられました。重症度がたかいほど在院日数は長くなる傾向が見られます。平均年齢は80歳前後となっています。
患者数が10未満のものは「-」と表記しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 15 27.47 80.07 26.67
その他 18.00 79.83 16.67
入院中に医療資源を最も投入した傷病名のICD10コードの上3桁がI63(脳梗塞)に該当する患者を、発症日から3日以内とその他として集計しています。
いずれも平均年齢が80歳と高齢で、保存的な治療となる方が多く、在院日数も27.5日と長くなっています。急性期の治療が必要と判断された場合は、専門的な治療を行う医療機関へ転院となります。
その他の患者数については、10未満であり「-」と表記しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下造設術) 16 25.3 40.1 56.25 79.25
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 11 4.9 2.5 0.00 69.72
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 0.3 1.0 0.00 60.00
K3772 口蓋扁桃摘出術 1.0 9.1 0.00 44.71
K6164 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 1.8 4.2 0.00 80.20
内科で最も多かったのは、内視鏡的胃瘻造設術でした。誤嚥性肺炎や脳梗塞後遺症などの疾患で、経口摂取が困難となった患者さんに行います。胃瘻造設が必要な患者については、嚥下機能の評価をチームで行い検討します。退院先の調整が必要となる患者さんもいるため、入院期間も長くなっており、転移率は56.3%となっています。次に多かったのは、虚血心疾患(狭心症、心筋梗塞)の患者さんに行う経皮的冠動脈ステント留置術という心臓血管の手術です。予定入院の患者さんであれば2泊3日での入院となります。
患者数が10未満のものは「-」と表記しています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃摘出術 14 1.0 8.1 0.00 6.07
小児科での手術は、扁桃肥大の患者さんに行う口蓋扁桃摘出術で、地域の開業医と連携し手術を行っています。手術の前日に入院して、約10日間の入院期間となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 0.17
異なる -  0.06
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 0.11
異なる
当院では、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないよう細心の注意を払い施行しています。起こりうる合併症については、事前に説明を行ったうえで、手術や処置の実施に同意をいただくようにしています。
2017年度は、敗血症と手術・処置等の合併症での入院がありました。入院後に発生したのは、敗血症で0.06%の発生率でした。
患者数は10未満だったため「-」と表記しています。
更新履歴
2018/9/28
機能評価係数Ⅱの保険診療における「病院情報の公表」を公開しました。

このページの先頭へ戻る